その他

【比較】格安シム「楽天モバイル」は本当にお得なのか?損益分岐点を検証

今日もポイント貯めてますか?

ゲッチャ!管理人です。

楽天ポイント沼にハマっている管理人、ついに格安シムの「楽天モバイル」を契約してしまいました。

楽天モバイルの「通話SIMプラン」を契約すると、楽天市場でのポイント付与率が+2%にされるんですよ……!

ちなみに、格安SIMである「IIJmio」からの乗り換えです。

楽天モバイルは実際どのくらいお得なのか?計算してみたいと思います。

docomo、au、softbankと比較!

楽天モバイルは「格安SIM」だけあって、大手キャリアと比較すると……まさに格安!

もはや比較にならないレベルです。

楽天モバイルの料金とサービス内容をまとめます(2019年3月時点)。

  • プラン名「スーパーホーダイ プランS」
  • 価格:月額1,480円(ダイヤモンド会員は初年度限定、月額980円
  • データ容量:2GB
  • 通話:10分以内の国内通話かけ放題
  • 注意点:3年の継続利用が必要

管理人はダイヤモンド会員なので、月額980円で利用できました。激安ですね!

2年目からは1,480円となります。それでも安い!

大手キャリア「docomo」における、同レベルのプランを比較してみます。

厳密にイコールなものはないですが、このプランが近いですね。

  • プラン名:「カケホーダイライトプラン」
  • 価格:月額4,900円
  • データ容量:1GB
  • 通話:5分以内の通話が無料
  • 注意点:2年の継続利用が必要

楽天モバイルは月額1,480円、docomoは月額4,980円となりました。

データ容量は楽天モバイルが2GB、docomoが1GBです。

楽天モバイルのほうが大容量なのに、docomoよりだいぶ安いです!

しかし、docomoにいたっては、3GBのデータ容量プランが「4,000円」もするんですね……。

どうでしょう?圧倒的に楽天モバイルが安いことがわかりますね

ちなみに、楽天モバイルとdocomoの金額差は毎月3,420円。

1年間にすると40,000円以上の節約になります。

家族の分も切り替えれば、年間10万円以上の節約になっちゃいますよ!

まだ大手キャリアを使っている方は、ぜひとも楽天モバイルに切り替えましょう。圧倒的に節約になります。

楽天モバイルに乗り換える

格安SIM「IIJmio」と比較!

大手キャリアとの比較では「どう考えても楽天モバイルがお得」という結論になりました。

では、格安SIM同士の比較だとどうなるでしょう?

管理人もサブスマホで使っている「IIJmio(アイアイジェイミオ)」との比較をしてみます。

  • プラン名:「みおふぉん ミニマムスタートプラン
  • 価格:月額2,430円
  • データ容量:3GB
  • 通話:10分以内の通話が無料(家族間は30分無料)
  • 注意点:1年の継続利用が必要

完璧に同条件ではないですが、楽天モバイル(月額1,480円)より割高になっていますね。

ただし!IIJmioは割引キャンペーンを開催していることがあり、それを考慮すると楽天モバイルより安くなることがあります。

実際、記事執筆時点(2019年3月)では、1,300円引きのキャンペーンが開催されています。

これを考慮すると、月額費用は1,130円となり、楽天モバイル(月額1,480円)よりも割安になります。

データ容量も「4GB」となり、楽天モバイルの2倍のスペックになりますね。キャンペーン中であるなら、IIJmioのほうがお得度は高そうです。

IIJmioのキャンペーンをチェックする

それでも楽天モバイルにした理由。

が!

楽天モバイルには、IIJmioにはない魅力があるんです

管理人が乗り換えたのにはわけがあります。

ひとつはもちろん、楽天市場での2%ポイントアップ

IIJmioと楽天モバイルの価格差は、毎月350円ほどです。

つまり、楽天市場や楽天ブックスの買い物を通して、追加で350ポイント以上をゲットできるなら、楽天モバイルのほうがお得になるわけです!

計算が難しいですが……この場合は「毎月17,500円」の買い物をすると、ポイント分でIIJmioとの価格差が埋まります。

年間にすると21万円になりますね。

ここらへんに損益分岐点があると思っておけば、大きく間違えることはないでしょう。

わかりにくいですが、年間20万円以上、楽天市場・楽天ブックスで買い物をするなら、楽天モバイルのほうがお得になる可能性が高いということです。

管理人はもちろんそのくらい買ってるので、迷わず楽天モバイルに切り替えました。

2%ポイントアップしていると、気分的にも嬉しいですしね!

楽天モバイルに乗り換える

決めては通信制限のゆるさ!

ポイント還元よりも魅力的なのが、楽天モバイルは通信制限がゆるいことです

どういうことかというと、楽天モバイルはデータ容量を使い切ったあとも「1Mbps」で通信を続けることができるんです。

IIJmioは制限にかかると「200Kbps」となります。

管理人も使っているのでわかりますが、200Kbpsはかなり遅いです……。ブログを読むのも難しくなりますね。

こうあまり強調されていませんが、これは大きなメリットです。1Mbpsならブログ程度なら問題なく閲覧できてしまいます。

「通信制限を超えても1Mbpsで通信できる」のは、他の格安SIM業者は提供していないサービスなので、個人的には決め手になりました

楽天モバイルに乗り換える

期間限定ポイントの消化にうってつけ!

最後のメリットとして、楽天モバイルは期間限定ポイントが使えるんです。

期間限定ポイントは持て余しがちなので、楽天モバイルで定期的に消化できるのは嬉しいですね!

管理人はいろいろ駆使してポイント稼いでるんで、楽天モバイルはポイント決済のみで利用できています。

スーパーポイントアッププログラム(SPU)を攻略してポイントゲットして携帯料金を無料にする……ということができるのも、楽天モバイルの強みですね!

関連記事:【ポイ活入門】簡単放置で6%還元!楽天ポイントの稼ぎ方

楽天モバイルのデメリットは?

いいことづくめの楽天モバイルですが、デメリットはないのでしょうか?

個人的な体験談としては、特段のデメリットは感じていません

が、ネットを探すと以下のようなクチコミが見つかりますね。

  • 混み合う時間帯は遅くなる
  • サポートが微妙

この二点に関しては、正直どこの格安SIM業者も似たり寄ったりだったりもします

管理人(四国在住)が使っているかぎりにおいては、通信速度の遅さは特に感じませんね……。

通常のdocomo回線と顕著な差はありません。東京都心部などは、遅くなる時間帯があるのかもしれませんね。

制限を超えても1Mbpsで使えるメリットを考えると、メリットがデメリットを上回っていると言えると感じます!

まとめ:楽天モバイルでポイントザクザク!

楽天モバイルについてまとめます。

  • 月額1,480円から利用可能(ダイヤモンド会員は、初年度のみ月額980円)
  • docomo、au、softbankなどを使っているなら、すぐに乗り換えるべし!
  • キャンペーン適用によっては、他社の格安SIMが安いケースも
  • 競合の格安SIMにはない「ポイント還元率アップ」「制限後も1Mbps通信が可能」という魅力がある
  • 期間限定ポイントが使えるので、消化にうってつけ!

おまけのメリットとして、楽天モバイルは実店舗でのサポートも受けられるので、はじめての格安SIMにもぴったりです。

大手のキャリアを使っている方は、ほんとうに、切り替えないのはもったいないです。

ちょっと手間は掛かりますが、一度契約したらあとは安く利用しつづけられるので、ぜひがんばってみてください!

楽天モバイルに乗り換える

セールを見逃してませんか?
お得なセール情報って、
なかなかキャッチできませんよね?

「あー、セール見逃した……」
という後悔をさせないために、
公式メルマガをはじめました!

登録は以下のリンクからどうぞ。
もちろん無料です!
月に2〜4回ほどの配信となります。

公式メルマガに登録する